タイヤのホワイトレターについた汚れを綺麗にする方法

今回はタイヤのホワイトレターを簡単に綺麗にする方法をご紹介します!

78プラドのホワイトレタータイヤ「ALL TERRAIN T/A KO2」(オールテレーン)

ランドクルーザー78プラドをフルカスタムでオーダーする際にこだわったことの一つが、ホワイトレターのタイヤにすることでした。

真っ黒のボティにピンポイントで映えるホワイトレター!そこに憧れていました。

私のタイヤはBFGoodrichの「ALL TERRAIN T/A KO2」(オールテレーン)です。

納車時は新品のタイヤで、ホワイトレターも非常に綺麗な状態でしたが、段々と汚れが蓄積されて、ホワイトレターも少しずつ茶色くなってきていました。

ホワイトレタータイヤを綺麗にする方法を試す

まずは普段の洗車で、タイヤをカーシャンプーで洗ってみました。

気持ち的に綺麗になった気がしますが、あまり効果はわからず。うっすらと汚れた感じは残っていました。

ネットで検索すると、お手軽な対応方法として、メラミンスポンジを使う方法が紹介されていたので、試してみました。

「激落ちくん」的なものを購入してきて、少し水に濡らしてからホワイトレター部分をゴシゴシと擦る!

黒い汚れを含んだ水分が出てきて、汚れも落ちているようでした。

メラミンスポンジもどんどん削れて、タイヤ1本で正方形のメラミンスポンジはほぼ無くなってしまう感じでした。

メラミンスポンジで、ある程度は綺麗になりますが、やはり全体的にすこーし汚れた感じが残ってしまうのと、「気持ちいい真っ白!」という感じにはなりませんでした。

このあたりが限界なのかなと思い、数ヶ月過ごしていましたが、、ネットで気になる対応方法を見つけました…!

クレンザーでホワイトレターを真っ白に!

それはクレンザーで磨く方法です!

食器用洗剤として販売されているクレンザー。例えば、「ジフ」「ホーミング」など。

クレンザーとは「研磨材の入った洗剤」です。また、成分は「弱アルカリ性」となっており、「酸性」の油汚れを中和して、落とすことができる、という仕組みのようです。

クレンザーはホームセンター等で、数百円で購入できますので試すのもお手軽かと思います。

早速試したい!ということで自宅にクレンザーがないか探したところ、自宅にあったのが、上履き用の洗剤!w

その名も「ちびっ子」!w

成分表示を確認すると、「クレンザー」「弱アルカリ性」と記載してあり、バッチリです!

このクレンザーを食器用のスポンジに含ませて、ホワイトレターをゴシゴシと洗ってみます。

ホワイトレター部分以外の周りのタイヤ部分も磨く感じで、洗っていくと、、、

とても綺麗に!!油等でかなり茶色く汚れていて、何度洗っても落ちなかった汚れも、かなり綺麗になりました!遠くから見たら真っ白です!

何度洗っても落ちなかった茶色の染みも…

こんなに真っ白に!!嬉しいーー!!

クレンザーで磨く際の注意点

劇的な洗浄効果があるクレンザーですが、注意点もあります。

クレンザーの「弱アルカリ性」の成分はタイヤのゴム成分にはあまり良い影響を与えないようです。一見して問題ないようでも、長期的な視点でみると、タイヤのゴム成分が早く劣化してしまう場合もあるようです。ゴムが割れてきたり、、とかにもなるかもしれないので、使う場合には少量で、しっかりと洗い落とすといった注意が必要です。

そして、クレンザーには「研磨剤」が入っていますので、アルミ製のホイールに誤って付着してこすってしまったりすると、ホイールに細かな傷がついてしまう可能性があります。タイヤを洗った水分がホイールにかかってしまうことはあると思いますので、しっかりと水で洗い落として、拭き上げてあげるとよいかと思います。

タイヤのホワイトレターを綺麗にするのは、クレンザーがおすすめ!

上記のような注意点もありますが、私にとってはそれ以上にホワイトレターが綺麗になる感動のほうが大きかったです!

今後も使い方には注意しつつ、クレンザーでホワイトレターを綺麗に保っていこうと思います!

他にもよい洗浄方法があれば、ご教示いただけると嬉しいですー

よろしくお願いします!