ランクル78プラドがエンジン始動不良

冬の寒い朝、78プラドのエンジンをかけようとしたら、キュキュキュキュキューーーーーっとなってからエンジンがかかりました。

今回はエンジン始動不良についてを書いていきます。

寒い朝のエンジン始動不良

エンジン始動不良。

それは突然やってきました。特に前兆もなかったと思います。

エンジンをかけようとしたら、キュキュキュキュキューーーーーとなって、ギリギリでエンジンがかかる感じ。

最初はたまたまかー?たまたまだと思いたい!という感じで運転を始めました。

しばらく運転して、用事を済ませてから、再度エンジンをかけると、いつもどおりに始動。

お?やはりたまたまだったかなーと思って、その日は終わりました。

やっぱりエンジン始動不良

数日経過して、78プラドで出かけようと、エンジンをかけると、またキュキュキュキュキューーーーー!

うわ、、まただ。。。

でもエンジンはかかるので、今回もそのまま運転。

こんなことを何度か繰り返していました。

クルマ屋さんにエンジン始動不良を見てもらう

別記事で書いた、ウィンカーが点灯しない問題があったので、合わせてエンジン始動についても見てもらいました。

サクッと直ってくれたらいいなと期待していましたが、色々とイジってもらっても調子はよくならず…。

結局その日はクルマを預かってもらい、詳しく調べてみてもらうことになりました。

エンジン始動部分にエラー信号

クルマ屋さんに見てもらった結果、エンジンの制御部分でエラー信号が出ているとのことでした。

エラー信号が出ているだけで、絶対にこの部品が悪い、ということまではわからないけど、確実にどこか悪い。

エンジンがかからないわけではないので、グロープラグが怪しいのかなと思いつつ。

エラー信号が怪しい部品を交換するとなると、10万くらいいくかもということで、ここで修理するかを決めきれず。。

とりあえず、エンジンはかかるし。寒い時期だけかもしれない、とか自分に言い聞かせつつ。今回は対応を見送りました。

とはいえ、次の車検(およそ半年後)にはパーツ交換しないとだなと思っています。

春が近づいてきてエンジン始動の調子は?

春が近づいてきて、気温も高くなり、エンジン始動もだいぶスムーズになっているかなと安心していると、たまにキュキュキュキュキューーーーーとなってエンジンがかからないことも。

もう一度トライすればかかるのですが、外出先でエンジンがかからなかったらと思うと怖い。。。

効果があるかわかりませんが、フューエルワンという燃料添加剤を入れています。

フューエルワンを入れた後は、こころなしかエンジンのかかりがスムーズなような。これまで2本くらい入れてみて、様子見しています。

春になって、夏になって、秋には車検なので、それまでは普通にエンジンがかかってくれたらいいなと。

一旦様子見の判断をしたわけですが、キュキュキュキュキューーーーーとエンジンをかけるたびに、バッテリーにも負担がかかっています。

今度はバッテリーが必要以上に消耗してしまって、早く交換時期がきてしまう恐れもあるとのことでした。それはそれで恐ろしい。

私の78プラドは、寒冷地仕様で、バッテリーが2つです。冷暖房の効き具合が素晴らしいというメリットがあるのですが、バッテリー交換となると一気に2つ分の金額が必要になるので、、注意が必要です。

この記事を書きながら、改めてエンジンがかかりづらい状況を調べていると、やはりグロープラグが怪しいのかな…。

グローであれば、2〜3万円で交換できるようなので、少し負担が抑えられます。でも交換しても効果がない可能性もある。。悩ましい。

またクルマ屋さんに相談しつつ、様子見していきます。

78プラドのエンジン始動不良まとめ

寒い時期にエンジンがかかりづらくなった。

何かしらのエラー信号が出ている。

フューエルワンという燃料添加剤を入れると、なんとなくエンジン始動がスムーズになる気がする。

エンジン始動に時間がかかると、バッテリーにも負担がかかる。

グロープラグを交換すれば改善するかも?

といった感じでした。いずれにせよ、パーツ交換はする予定なので、何が効果的だったか分かり次第、また共有させていただきます!