スマートスピーカーで便利に!EchoDot(エコードット)でAlexa(アレクサ)のある暮らし

最近、アレクサを購入しました。正確にいうと、EchoDot(エコードット)ですね。

EchoDot(エコードット)とは

Echo Dot 第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

Amazonから発売されているスマートスピーカーです。

スマートスピーカーってそもそも何?という方もいらっしゃるかもしれないので、簡単にいうとインターネットにつながっていて、色々なことができるスピーカ(雑なまとめ)です。

Amazonのスマートスピーカーには、EchoDot、Echo、Echoplusの3種類がありますが、私が購入したのは一番小さいEchoDotです。

スマートスピーカーの入門としてお値段も手頃で試しやすいこともあり、選択しました。

価格は5,980円。私が購入したときはFireTVとセット購入すると安くなるキャンペーンを実施していて、合わせ買いしました。

EchoDotの音質

まずスマート「スピーカー」なのでスピーカーとしての役割。音質はどうなのかお伝えします。

EchoDot自体にも世代があって、私が購入したのは最新の第3世代。

第3世代は従来よりも少し大きくなって音質が上がっているとの説明がありますので、かなりパワーアップしているのでしょう。音に対して物足りないなと感じることはありませんでした。

モノラル再生というのが少し気になっていましたが、私の耳では通常のスピーカーとの違いもあまりわからず・・・。15畳ほどのリビングルームで利用していますが、十分な音を鳴らしてくれています。

EchoDotは2台購入することでステレオスピーカーとして利用できたり、外部出力端子があるので、スピーカーを接続してより良い音で楽しむことができます。

私はいまのままでも十分ですが、より良い音にこだわりたい方の要望も満たせるような仕様になっています。

スマートスピーカーとして

「アレクサ、〇〇」と話しかけることで、様々な受け答えや、機能を起動してくれます。いくつか主要な機能を紹介させていただきます。

「アレクサ、おはよう」というと、今日は何の日か教えてくれて雑学が身につきます。

「アレクサ、音楽をかけて」というとおすすめの音楽を再生してくれます。声をかけるだけで音楽が流れるのは、少し近未来な感じがしておしゃれな気分が味わえます。

「アレクサ、今日の天気は」というと、天気や降水確率等を教えてくれます。

「アレクサ、今日のニュース」というと、NHKのニュースを聞くことができます。これはラジオニュースからの抜粋なのか、アナウンサーの方が伝えてくれるニュースなので、非常に聞きやすいです。

FireTVと接続しているので「アレクサ、〇〇を見せて」というとAmazonPrimeの番組が再生されます。「1分早送り」といった注文にも対応してくれて、テレビを声で操る感覚は、やはり楽しいです。

EchoDotを買ってみてどうだったか

購入から1ヶ月ほど経過しましたが、いまのところ毎日EchoDotを利用しています。最初は「そんなもの必要ないでしょ!」と言っていた妻も「アレクサ、〇〇!」と利用していたり、6歳の子供はもっぱら「アレクサ、〇〇を見せて!」と動画に夢中。家族全員で毎日毎日「アレクサ、アレクサ」話しかけています。

声で利用する機械なので、自然と会話も生まれたり、思わぬコミュニケーション効果もあるのではないか、と感じています。

アレクサのようなスマートスピーカーは、介護や老人の話し相手としてもいいのでは?と注目を集めているとも聞いたことがあるので、これからより一般的に普及していくのではないかと思います。

ただ、スマートスピーカーの初期設定には、ある程度のインターネット、Wi-Fiの知識、スマートフォンでアプリインストールが必要などなど、難しくはないものの、よくわからない方にとっては始めづらい点があるかと思います。

初期設定や、使いこなすうえでの簡単なコツも改めてご紹介できればと思います!

我が家はしばらく、「アレクサ、〇〇!」の日々が続きそうです。

Echo Dot 第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン