人生に関わる痛恨のミス!?中古住宅の申し込み・手付金は迅速に進めよう

先日の記事で紹介した店舗付き中古住宅ですが、タッチの差で他の方が申し込みしてしまいました…。

一点物の中古住宅。二度と同じような物件には巡り会えないかもしれない。これで人生が変わっていたかもしれない…。

そう思うと手付金を払っておけばよかったと後悔しています。

同じようなミスを繰り返さないように自分のために。そして、これから中古住宅の購入を検討する方のために。この経験が少しでも役に立てば幸いです。

ちなみに先日公開した中古の店舗付き住宅に関する記事はこちらです!

関連記事

中古の店舗付き住宅(店舗併用住宅)の購入を検討しておりまして、ただいま銀行の住宅ローン審査中です。購入検討の過程をご紹介させていただきます。 店舗兼自宅という組み合わせは、若い子育て世帯にこそおすすめできるのではないかと、大きな可能性[…]

中古の店舗付き住宅(店舗併用住宅)の購入を検討中

中古住宅は一点物、タイミングを逃さない!

中古住宅、中古マンションは基本的に一点物です。同じ物件はありません。

特に私たちが検討していた中古物件は、市街地にある店舗付き住宅。今思えば、なかなかレアな物件でした。


  • 場所
  • 価格
  • 間取り
  • 設備
  • リフォームの必要性

新築の場合は、場所を決めてしまえば、予算の範囲次第ですが、住宅の間取りや設備は、自分たちの都合のいい内容で作っていくことができます。

でも、中古住宅の場合は全く同じ条件の物件は出てきません。上記のような条件を検討して、これは!と思う物件に巡り合ったのであれば、購入する意思を示してキープすることが必要です。

これだと思う中古物件があれば、スピーディーな検討を!

私たちが検討していた中古物件を見つけたのは、物件が売りに出されてから比較的早い段階でした。

それでも、内覧している方と時間帯が重なったり、今思えばその時点で注目度の高い物件だったのかもしれないなと思います。

これまで家を購入する検討をほとんどしていなかったため、購入するイメージや注意点がわからず、すぐには決まらないだろう、という変な余裕を持っていました。

しかし、購入のための検討・準備を進めているうちに、該当の物件はオープンハウスを実施。

オープンハウスを実施したその日に内覧した方がすぐに申し込み、手付金を払ってしまいました…。

その翌日、住宅ローンの仮審査のOK連絡。仮審査OKが出れば、あとは物件の申し込みをしようと考えていただけに、とても残念な結果になってしまいました。

住宅ローンの審査は余裕のあるときにしておこう

物件の申し込みまでに時間がかかってしまった大きな要因は「住宅ローンの審査」でした。

これまで住宅を購入する検討をしてこなかったため、どんな手続きが必要で、どのくらいの費用感、どのくらいのスケジュール感で進行するのかが全くわかっていませんでした。

住宅ローンの審査は、地元の銀行なのか、ネット銀行かで流れが変わってきます。

ネット銀行のほうが利率も低いのですが、今回の中古住宅は再建築不可の可能性もあり担保の資産価値として評価されにくいのではという懸念があり、ネット銀行での審査は厳しいと判断しました。(実際に2つ申し込みしてみましたが、1つは仮審査の時点でNGでした)

並行して地元の銀行も2つ仮審査を進めていましたが、1つは店舗兼住宅というところで反応が渋い感じだったので、仮審査は進めませんでした。

もう1つの銀行で一部制約つきで、仮審査OKが出たのでした。

こちらの銀行で仮審査OKまでにかかった期間は3週間ほど。審査に必要な書類の不備があったりもしたので、通常はもう少し短縮されるのではと思いますが、、そういったところも慣れない対応だったこともあり時間がかかった要因と考えています。

中古住宅の場合、これは!と思う物件に出会ってから住宅ローンの審査を進めていては、申し込みのタイミングを逃してしまう場合があります。

どのくらいの費用までであれば住宅ローンが組めるのかを把握する意味でも、余裕のあるときに住宅ローンの審査だけでも進めておけると、いざ購入を本格的に検討する際にとてもスムーズに進行できるのではないかと思います。

中古住宅の申し込み・手付金はお早めに!

上記のとおり、住宅ローンの審査結果待ちをしている間に、お目当ての中古物件は他の方に申し込みされてしまいました…。

今思えば、審査を進める段階で一旦、申し込みや手付金支払いについて不動産屋さんとしっかり話していればよかったです。

不動産屋さんに対して「いま住宅ローンの審査を進めています」等々の状況はお伝えしていたものの、不動産屋さんからしたら不確定過ぎる状況ですし、オープンハウス等を開催して確実な申し込みを得たいと思うのは当たり前ですよね。

手付金の相場としては、物件価格の5%~10%が相場のようです。

例えば、2,000万円の中古住宅の場合は、100万円~200万円。

申し込み時の契約にもよりますが、最終的に契約不履行となった場合に手付金は返ってきません。

当時の私の場合、、住宅ローンの審査をしたことがない、手元に現金も少ない、といった状況だったため、手付金を支払うのは難しかっただろうと思います。

とはいえ、不動産屋さんとの交渉次第なので、例えば少額でも手付金を支払い、本気で購入する意思を不動産屋さんに伝えて、今後の流れを話す機会を持っていれば良かったのではと考えています。

中古住宅の検討・申込みに関するまとめ

住宅購入に必要な流れや、住宅ローンの審査期間等、事前の知識不足や中古住宅に関する認識の甘さが、今回の残念な結果につながってしまったなと反省しています。

さらに店舗付き住宅、再建築不可の可能性がある物件というのも若干最初のハードルが高かったかなと。

でも、住宅ローンの仮審査OKも出ましたし、住宅購入の初期段階の流れはイメージできたため、次回に活かしていきたいと考えています。

これから中古住宅や店舗付き住宅の購入を検討する皆さまには、こちらの情報が少しでも役に立つことがあれば、嬉しいです!