家を買う!家探しの始まり!

サラリーマン、家を買う!

いよいよ家を買うことになりました。

家を買う。その前にやっておいて良かったこと。

そんなことを紹介していければと思います!

家を買おうと思ったきっかけ

まずは、簡単にではありますが、家を買おうと思った経緯から。

正直なところ、私自身は家について深く考えたことがあまりなく、賃貸のままでもいいかな。特に不自由してないしな。といった感覚でした。

ただ、子供が小学生になるにあたって、住む地域や通う小学校にも、ここがいいよというものがあるらしく。。。

奥さんの意見を参考に、希望の小学校に通うことができる地域にある賃貸アパートに引っ越しました。

古くて少し手狭でしたが、市街地からも近く、小学校にも近い、買い物も便利。特に不自由なく暮らしていました。

いま思えば、家を買おう、引っ越したい!そう思ったきっかけは駐車場問題。。。w

この物件、3部屋のみのアパートで、1階に屋根付き駐車場があり、そこを我が家が専有して使っていました。

しかし、1年ほどたった頃、駐車場を契約した人がいるので、明日からは半分ずつ使ってください、、、という電話が。。。

1台だったら余裕だけど、、このスペースに2台停める??そんな面積です。しかも、当時は78プラドに買い換えるタイミングで、余計に駐車スペースが必要になるのに。

しかも、半分ずつに分ける利用場所のどちら側を使うかも、すでに決められていて、うちは狭いほう。。。

車が大きくなるので、、、と交渉しても聞き入れてもらえず。。

上下左右のスペースはかなりギリギリ。せっかくの屋根付き駐車場なのに、前側は少し屋根からはみ出す。。

いまこうして、書いていても、なんだか腹が立ってくるので、、けっこうムカついていたと思います。w

これをきっかけに、この物件に住み続けたくない。他の家を探そうという気持ちが強まりました…。

駐車スペース。ギリギリ…。

家探しの始まり

子供の小学校は変えたくないな、という気持ちと、この地域に住んでみて非常に暮らしやすかったので、同じ地域内で住宅が購入できればと家探しを始めました。

しかし、なかなかの難しさ。

人気の地域ということもあり、まず土地が全然ない。。。

土地があってもかなり狭い。

家探しを始めた当時は、地方都市で暮らすならば、絶対戸建て!マンションは無し!と勝手に決めていたので、全然土地がないこと。土地があってもかなり高いことを知り、、途方に暮れました。

(しかし最終的には我が家はマンションを購入することになります)

駅から離れていたり、場所を変えれば手頃で広い土地を見つけることはできるのですが、住んでいる地域は変えたくない、というところで、狭くても手頃な土地を見つけて、そこに家を建てる。

そんなプランで土地をネット検索していました。

あとは周囲を散歩して、空いている土地を探したり。

全然土地がないので、ネットの情報もあまり更新されず…。

とりあえずしばらくはいいかな。。。と諦めムードになっていたころ、気になる物件情報を見つけて、不動産屋さんに問い合わせをしてみました。

不動産情報の前にライフプラン設計から!

問い合わせをした不動産屋さんから連絡があり、まずは一度お店に来てお話できませんか?ということで、不動産屋さんにお伺いしてみることにしました。

結局、この不動産屋さんで物件購入とはならなかったのですが、家探しやライフプラン設計など、非常に勉強させていただき、大変お世話になりました。

この場で改めてお礼させてください。

この不動産屋さんにお伺いしたところ、、問い合わせをした物件の詳しい情報はほとんど教えてもらえませんでしたw

まず説明があったのが、不動産屋さんのお仕事の仕組み(レインズという情報で物件情報は共有されている等々)であったり、まずは住宅ローンでどのくらいの費用を借りることができるのか確認しておいたほうがいいですよ、といったものでした。

不動産屋さんからしたら、物件をあれやこれやと紹介して、いざ購入するぞーーーとなったところで、その人が住宅ローンを組めなかったら、希望の金額を借りることができなかったら意味ないので、先に住宅ローンについて確認しておくメリットがあるのかなと。

住宅を買う人にとっても、自分はどんな条件で、いくらまで住宅ローンを借りることができるのか把握できるのは、意味があることだなと思います。

※結局、この不動産屋さんでは物件購入しなかったのですが、ここで住宅ローンの仮審査をしておいたおかけで、マンション購入の際には非常にスムーズに住宅ローン手続きが進みました。不動産屋さん、本当にありがとうございます…!

住宅ローンについては不動産屋さん経由で、いくつかの銀行さんに仮審査を申し込みました。

このとき物件は決まってないので、不動産屋さんのほうで適当な物件情報を用意して審査に出してくれました。

銀行によって、住宅ローンで貸してくれる最大費用がけっこう違ったので、これは大変参考になり、あとで役立ちました。

自分がどのくらいの費用の物件までであれば、購入可能なのかリミットを知ることができるのは大変大きいです。

そして大事なのは、「あくまでも住宅ローンで借りることができる最大金額」なので、このリミットギリギリの費用で物件探しをするのもよくない。ということです。

現在の条件上は、毎月の支払いができる限界費用なので、、、この住宅ローンで借りることができる最大費用そのままの物件を購入すると、何か不測の事態があったときに家計が破綻してしまう可能性があります。

住宅はとても大きな購入ですし、今後の子供の教育費用、老後の生活費用など、人生を総合的に見て資金設計しておく必要があります。

家を買うその前に!資金計画、ライフプラン設計が重要だ!

ということで、家を買う前にはまず、ライフプラン設計をして、今後どのくらいのお金が必要なのか、シミュレーションしておくことが必要だと気づきました。

そこで、ライフプラン設計をしてみたところ、とても有用だったので、次回はそのライフプラン設計についてお話できればと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします!