中途半端な長さの天然パーマに最適な髪型と整髪料を教えてほしい!!

現在、中途半端な髪の長さの天然パーマ状態で、最適な髪型、セット、整髪料のがわからなくなってきました。

自分のくせ毛は気に入っているし活かしたいなーと思いつつ、つらつらと髪の毛に関して書いてみます。

幼少期 気にしてない

幼少期は特に気にしてない。小さいこどものくせ毛、天然パーマってかわいいですよねー

小学生から気になり始める

小学校4年生くらい、くせが気になり始める でも坊主はなんか嫌だ 床屋に一人で行き始める時期。

小学校6年生 修学旅行でドライヤーが使えないと癖がどうにもならない問題に直面。

どうしたんだっけ??と思いつつ、まだそこまで気になってなかった、と思う。

中学生 くせ毛が気になるピーク

中学生は多感な時期。

雨の日を呪っていた。雨が降ると髪の毛が広がって、どうにもならない。雨なんか降るなボケーーーと思ったり、超高性能な傘とかほしいと思ったり、街全体をドームで覆ってくれと思ったり、思春期の夢は天然パーマをどうにかしたいってことでした。

天然パーマをどうにかしようと色々なことを試していて、整髪料をベッタリつけて癖を伸ばすとか。その整髪料をつけたまま洗わなずに何日間か過ごすとか。

ドライヤーをかけまくるとか。自己流で色々試すものの、何の知識も裏付けもなく、ただただ試す日々。

そして今思えば、すべて髪、地肌に悪いことばかり・・・。こんなことしてて、よく髪の毛が残っているな・・・と思いますw

母も色々と気にしてくれて、、修学旅行前に美容室でストレートパーマをかけてもらって、ちょっとだけ真っ直ぐな髪の毛になったものの、変な癖が残っていて残念な与謝野晶子のような仕上がりに。卒業アルバムも微妙な仕上がりで恥ずかしい。。。

この多感な時期に、髪の毛に対する正しい知識やくせの活かし方、強みがわかっていたらよかったなーと思います。

さらに今思えば、、、中途半端な髪の長さが一番悪い。中途半端な髪の長さと天然パーマは最悪に相性が悪い。長髪はできないんだから、潔く短髪にしていればよかったのに。

でもあのころ、明確に短髪は嫌だった。毎日悩んだとしても坊主は短髪にしたくなかった。

なんでだろう。。坊主はカッコ悪いと思ってたのか。。いまは短髪、坊主もかっこいいと思うけど、あのときの選択肢には無かった。

いまも長い髪型が好きだから、、好みの問題かな???

高校生ですべてが変わる!!

高校生になって真っ先にしたこと。それは、、、縮毛矯正!!

縮毛矯正によって、超絶ストレートになる!

サラサラヘアーw、くるくる頭から、異常なくらいに真っ直ぐな髪の毛へ。

正反対。の髪型、夢に描いていた髪の毛へ。

ここから憧れのロン毛への道が開くw

そして、服への興味もアップ。

さらに縮毛矯正2回目、髪型の指定を間違えてヘルメットみたいになるw(前下がりボブみたいなのに憧れたw)

これで、ヘアカタログと実際は違うことを知る。美容師さんへのお願いの仕方とか、お店選びの大事さも知り始める。

そして、ただストレートヘアにするだけではダメだし、服装も含めてトータルで考える必要があると知る。

ちなみに、服装は友達の友達が着てていいなと思ったら、同じ服買ったりw

縮毛矯正したことで、自信が持てた、大きな悩みが減ったことはとてつもなく大きくて、選択肢が増えて、自己肯定感アップにもつながっていったと思う。

そして、高2終盤に訪れる衝撃!!

縮毛矯正の効果を伸ばすために、毎朝ヘアアイロンで髪の毛を挟んで、ギューッと引っ張って、なるべく真っ直ぐにする作業をしていた。

根本はくせ毛なので、そこを伸ばして伸ばしてーーーってやっていると、髪の毛は熱のダメージを蓄積していく。

そうすると、パサパサでチリチリヘアになる。。。

そのあたりから「ツイストパーマかけてるの??」と言われるようになる。

ん???ツイストパーマってなんですか??縮毛矯正ならかけてますが・・・

と思って周囲を見渡すと、、、確かにチリチリヘアが増えているぞ・・・

そう、、、高校生あるある??ツイストパーマが流行り出すのです!

そして、僕自身は意図せず、、、「縮毛矯正 × 根本天然パーマ × ロン毛 = ツイストパーマっぽくなる」

あれ???くせ毛ってかっこいいのか??

みんなが敢えてパーマをかけ始めているぞ・・・

ここから、縮毛矯正をかけることをやめる。

さらにさらに、、、もっとパーマ感を強めたくて、美容室で相談して、スパイラルパーマをかけて、クリクリヘアになる。

これは流石にやってんな???ってことで、教師から親に、、パーマしてますよね??と謎の面談。

まあでも天然パーマなんで、、というよくわからない会話でお咎めなしw

高校生になりたてのころは、縮毛矯正で憧れのストレートヘアになり、

でもそれだけではカッコよくはならないという現実を知り、

周りがパーマをかけ始めて、

自分の天然パーマを活かして、さらにキツめのパーマをかける。

「自分のコンプレックスが最大の長所」だと気づいた、そんな高校生の終わりでした。

自由に楽しむ大学生

大学入学をきっかけに動き出す頭いじり。

金髪にしたり、前だけ坊主にしたり、ウルフにしたり、ツイストパーマかけたり、、髪を伸ばしたり、、後ろの毛が絡まりまくって自然とドレッドみたいになったり。

自分のくせ毛を活かして、自由な髪型ができるのが楽しかった。

バイトを選ぶ基準もある程度髪型自由だろうということで、ガソリンスタンドを選んだり。

そして、この頃通っていた美容室の美容師さんが最高だった。

美容室に行くのがとっても楽しかった。

美容師さんと、こんな髪型どうかなとか、話して。

当時、木村カエラさんのビジュアルで「刈り上げ × パーマ」 があって、、、かっこいいなーって見せて。

おおこんなのやっちゃうw 面白いねw こんな感じかなーーとか、美容師さんと一緒に作った感があってとても楽しかった。

あれから、20年弱・・・いまでも刈り上げスタイル、ツーブロックが好きです。

ここで、自分の好きな髪型のスタイルの基本ができてたんですね。

学生時代に聞いていた音楽はずっと好きっていうし。あの頃好きだったものが、基盤になってるんでしょうね。

プチ暗黒の就職活動からの学生最後のアルバイト

自由に楽しんでいた大学生時代の後半。周囲から遅れて、就職活動をやり始める。

就職活動をするならば、、スーツとビシッとした髪型が絶対って思ってたから、、、髪も普通にして、リクルートスーツを着て。群馬から東京まで説明会に通う。

就職活動時期は本当に嫌だった、リクルートスーツで歩く東京は全然面白いと思わなかった。

そんな感じだから、就職活動も良い結果にはなりようがなく。

とりあえず何か決めなければということで、地元で学部と関連がある企業になんとか内定をもらって、就職活動を終える。

大学生活も残り少しということで、、髪をまた伸ばしたり、興味のあったアパレル関連ということでGAPでアルバイト。

純粋にとてもいい職場だったのと、終わりが明確に決まっていることもあり、あまり気負いもなく、楽しみながら働くことができたので、初めての接客も、シーズン毎の深夜の品出しもとても楽しかった。

あー、、やっぱりこういう仕事のほうがいいな、と明確に思い始める。でも、就職先は決まってるしな、、、と思いながら卒業を迎える。

社会人時代

入社時期になり、また短髪に。髪を切るのがすごく嫌だった。。。

まずは真面目に働こうと、目の前の課題はしっかりと取り組む。

でも、やっぱり違うな、、と思いが強くなり夏頃には転職関連の雑誌を眺め始める。

そんな中で知ったWebディレクターという職種。これならば挑戦できると思って、運良く転職。そして、東京へ。

Web制作会社での仕事は新しいことだらけで面白い。そして、髪型もある程度自由。オフィス勤務時は私服。最高。

でも、客先に行くときだけはスーツ。。これはちょっと嫌だったけど、少しずつビジネスカジュアルに寄せて、ジャケパンスタイルにしていったり。そういう方を参考にしたり。

髪の毛は伸ばし続けて、途中くらいから髪を結ぶようになる。初めて髪を結ぶときは違和感があって恥ずかしかったけど、、段々と慣れて、長髪が当たり前になる。

そして宮崎へ

ライフスタイルの変化があり、宮崎へ移住して転職。東京と同じように、Webディレクター的な仕事を継続。

でもクライアントはほぼ東京で、対面も少ない。

そう、完全に服装自由。

面接の時は少し髪の長さを整えたが、ミディアムヘアくらいで入社し、そこからはほぼ髪を切らなくなる。

美容室にも行かなくなる。

サイドの刈り上げはバリカンを使ってセルフで。

長髪のヘアスタイルは楽。

気に入らなければ束ねるだけ。

髪を洗った後、乾かすのは面倒くらい。

長髪からバーバースタイルへ

ずっと長髪で5年以上経過。

髪の毛は腰に届くくらいになって、、いよいよどうしたもんかと思い始める。

娘も小学生になるし、働き方とか考えたり、あとバーバースタイルが気になってたので、思い切ってセルフカットw

断髪はなんとなく自分でやりたかったので、お風呂場でジョキジョキと切った。

中途半端な髪型だったので、東京出張のタイミングで、気になっていたバーバーでカットしてもらう。

このとき切ってくれた方に、宮崎のバーバーを紹介してもらい、今はそちらのお店にお世話になってます。

短髪でポマードやジェルでビシッと決めるスタイルを気に入りながら2年ほど過ごす。

バーバースタイルから伸ばすも中途半端な時期

やっぱり伸ばしたいなぁと思いはじめ、また髪の毛を伸ばし始める。

3ヶ月に一度くらいの頻度でお店には通いつつも、刈り上げ部分の手入れのみしてもらい、ヘアトップ部分はまったく切らないこと数ヶ月。

あともう少しで結べそうだけど、まだ髪の毛の長さが足りない感じ。

この中途半端な時期が一番辛い。

まさに中学生時代の髪の毛のようだww

ジェルでビシッとしても、微妙にクセでうねるし。

フワッとゆるくスタイルすると、寝起きですか?って感じになるし、、どうにもならないと帽子かぶったり…。

天然パーマで中途半端な長さを活かせるカット、整髪料があれば、もっと楽しめるのになーと毎朝思う日々。

天候、体調、前日の髪の乾かし方とか、色々な要素でその日の髪の状態が違うから、、なかなか自分の思いどおりのセットが決まらない。

髪型の課題を考えていたら働く格好の大切さに気づいた

最近の悩みをきっかけに、ザーッと書いてみて思ったのは、、自分の好きな格好、髪型でいられるって最高だな、いまそういう働き方ができてるのはありがたいなって。

働き方で求めることって、働く格好だけではないけど、自分の中で占める割合は大きいんだと気づく。

でも、好きな格好をするだけで、働く相手に嫌な印象を与えてはいけないし、仕事が全然できないとかは最悪だ。

キチッとやることはやりつつ、好きな格好でいる。ってことが大事。

さらに蛇足的に考えを派生すると、、、

できる経営者の特徴として、有名なのはスティーブ・ジョブズ氏の、同じセータースタイル。常にたくさんの選択を迫られるから、服選びはしない。常に同じスタイル。私服を制服化するって、考えもあるけど、自分には当てはまらないんだろうな。。。

毎朝、何を着るか、髪型どうするかで考えまくって、リソースを消費しているw

あとは、個性が強すぎる人は目立ちたくないので、とても地味な格好を好むって話。

奇抜な格好する人ほど、実は普通。

これは完全同意。

僕の中身はとっても普通で、真面目でちゃんとしてるw ので、その反動?でちょっと変わった格好を好んでしまうのかも。

毎日の服選びや髪のセットは面倒だなぁと思うこともありつつ、コレ自体は苦にはならず楽しいことなので、好きなことなんだなと。

まとめ

天然パーマ 中途半端な長さのときに最適な髪型、整髪料が知りたい、試したい。

クセのクルクルを活かしたい!

自分にとって働き方の一つの基準として、髪型、服装が自由なことはけっこう重要だった…!

ファッションを楽しむことができる世界(環境)は大切だ!

 

とりあえず、もう少し髪の毛が伸びるまで耐え忍ぶしかないんだけど、、おすすめの髪型、セット方法、整髪料などあれば、教えてください!!